2006年11月20日 (月)

朝日新聞の経済欄記事

11月20日(月)
今日の朝日新聞・経済欄に「船会社が一般大学卒を採用して船長に育成」と1枚使って特集していて『いまごろ』と思った。
10月7日、11月8日 のブログに書いた通り、日本の海運会社が運航する10万トンを超える大型船の事故が多発している現状には、日本人乗組員で無い場合がほとんどで、経済性を追求してきたこれまでの方針に危険信号がともりつつあるようだ。ただしこの記事では「危険回避」の論は無く今後の日本海運と物流に人材が不足して大変なことになる・・となっている。
会社は東南アジア各国に大学程度の船長養成学校を運営しているが、これからどうなるか、大型船は毎年数10隻規模で建造していて、人材はまったく不足と思う。
国が養成しているが不足で、船会社が養成出来るかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

ドラマと日航機事故の遺書

10月7日(土)
久し振りに秋晴れの晴天となって、身体の調子も良いようだ。
今夜、NHKテレビのドラマ「クライマーズ・ハイ」を見ていたら、このドラマは昭和60年8月に起きた(日航ジャンボ機墜落事故)を取材する地方記者と新聞社内の動きをストーリーとしたものだが、事件もほぼ忠実に描いているので見ていたら「河口神戸支店長の遺書」が、そのままの字で出てきてビックリして、急いでパソコン内に保存されている「商船三井・社内報」に掲載されたものを出して見た。当時は新聞にも掲載されて涙を流したが、はや21年の歳月が過ぎた。
下の「ダウンロード」をクリックすると河口さんの(機内の遺書)が出る。

「2.doc」をダウンロード

Dc100701悪いニュースが一つ:所属した会社が運航する大型鉱石運搬船(10万トン)が昨日、鹿島港沖で強風により流されて座礁し二つに折れて破損。
インド人乗組員数名が行方不明・との事故。積荷の鉄鉱石と船底のタンクの油が流出している模様だ。
会社は東南アジア各国(インド・フイリッピン・マレイシア・インドネシア・ベトナム・中国)の国との提携で乗組員の養成学校、特に大学程度の教育機関をその国内で運営していて更に広げつつある。今回の乗組員はインド系のようだ。(朝日新聞の写真)

バックナンバーの月をクリックするとその月のすべてが出る
写真をクリックすると拡大する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

イスラエルとレバノン紛争

7月18日(火) Ⅱ
ニュース番組のTV朝日「報道ステーション」を見ていたら、古館キャスターとレギュラーコメンテイター朝日新聞編集委員の加藤さんとが、現在紛争が広がりだしたイスラエルとレバノン過激派との戦闘について緊張状態で話をしていたが、「エッ!!」と思ったことがあり。
特別コメントに出た大学の先生が「レバノン過激派ヒズボラの後押しはイランで、イランは核爆弾開発を進めているのでこれを阻止する糸口としてレバノンを叩いている」・・との発言に、古館氏と加藤さんは「若しイスラエルがイランの原子力装置を攻撃したら全面戦争になる大変なことだ」と会話。
この人たちは、25年前にイスラエルがアメリカにも相談せず「イラクのバグダッド南方のタワイタ原子力工場を、F16最新鋭機で爆撃し破壊した事実を知っているのだろうか。 1981年6月7日イスラエル占領下のシナイ半島から飛び立ったF16・F15最新鋭戦闘機14機が、世界中誰も知らない間にサウジアラビアを迂回してタワイタに襲い掛かりあっという間に核製造施設を破壊、世界中が驚いた・・・事実、アメリカ側は拍手し・ソ連とイスラム圏は激怒した事実・・これは又繰り返されると思う。
イスラエルは「誰にも屈しない」と日ごろ公言しているから。
原油の価格に、エネルギー全体に影響が出るはず。
原油と言えば、イランのカーグアイランド、サウジアラビアのミナアルアマディーから日本まで原油輸送は7万トンの原油の上で船を動かしてるわけで常時恐怖が付きまとったものだった。

写真をクリックすると拡大する。
バックナンバーの月をクリックするとその月の全てが出る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 7日 (水)

ドミニカ移民問題(2)

6月7日(水)
5月23日に書いた、ドミニカ移民の訴訟に対する東京地裁の判決が出た。
「国は農地の適否を調査しその情報を移民希望者に提供する義務に違反した」として【違法】を言い渡したが、損害賠償は時効で棄却された。
昭和31年から34年の間に1,300人が入植・・と報道されているので 自分が「あめりか丸」でドミニカに移民を運んだのは33年~34年だから、この訴訟の人たちも乗っていたわけだが、その当時は全く知らなかった。ドミニカのトルヒーヨまでの約1ヶ月を一緒に過ごした。
何しろ、戦後GHQがエンジン出力と船の大きさを制限していたので、船のスピードは12~14ノットと遅く、ロス、パナマにいつ着くのかと心配するほどのノロマだった。
ドミニカ移民の人たちが何がしかの国の補償が得られるよう祈ります。

6月に入り、我が家の古いHVデジタルテレビに地上デジタルチューナー付きハイビジョンDVDレコーダーを取り付けたのでオールチャンネルがデジタルで見れることになった。 但し、D-VHSテープのHV5.1サラウンド録画するので、HV5.1が入らないDVDは録画しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)