2016年10月16日 (日)

雄太君残念・2位タイ

10月16日(日)
男子ゴルフの最高峰「日本オープン」の最終日、1打差で松山選手と最終組でスタート。一昨年優勝の雄太君どうした。
結果、2位タイで賞金(1840万円)獲得して谷原選手を抜いて多分現時点で賞金王。
池田選手と松山選手は東北」福祉大学の(先輩・後輩)の間柄、さらに今回アマチュア上位の比嘉も同じ大学生とのこと、すごいね。

来週の袖ヶ浦カントリーのブリジストンオープンで頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

雄太君 ヤット優勝!!

10月10日(月)
昨日、ツアー・ワールドカップ・ゴルフトーナメントの最終日、雄太君と韓国のソンとが(-14)1位タイで終わりプレーオフを4ホール行ったが決着つかず日没でサスペンデット、今日10日朝からの再開となった。
最終日の後半は1打差に5人が争う「まれにみる激戦」となり見応え十分の競技だった。
今日の9ホール目で、雄太君が勝利をおさめ「優勝」 おめでとう。昨日に続いて今日9ホールの戦い、お疲れさま。
今季は(2位)が続き心配したよ。

7時30分に18番ホールで競技を再開。しかし、この日も互いに決めきれない展開が続く。5ホール目、6ホール目、7ホール目と互いにパーを並べる展開。8ホール目はソンがセカンドでグリーンをとらえられなかったもののアプローチを絶妙に寄せてパーを拾うと、池田もパーで9ホール目に突入した。
ピンを切り直して迎えた9ホール目はソンがグリーンを外してパーとしたのに対し、池田はピンハイ2メートルのバーディチャンス。これをしっかり決めて長い戦いを制した。

最終日の写真。 プレーオフ4ホール終わって日没が近づき「どうするか」両選手に確認する競技委員。結果翌日再試合となった。

10日プレーオフ再試合の結果、優勝の写真が入った。

来週10月20日から雄太君が強い袖ヶ浦の「ブリジストンオープン」が始まるから楽しみだ。

Conv0001Conv0003Conv0004Conv0005Conv0006


Conv0007
Conv0008Conv0009

20161009185359811872016101009035638072_22016101010333155463_22016101017041633666_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

錦織マレーに勝つ

9月9日(金)
昨日USオープンテニスの準々決勝戦で世界ランク2位・リオオリンピックで敗れた英国のマレーと対戦し4ゲームタイブレークの結果勝利して今夜の準決勝戦に進んだ。 今夜の相手は世界ランク3位のスイスの「バウリンカ選手」。
4時間にわたる戦いに敗れたマレーはラケットをネットに叩きつけて悔しがった。

Conv0001Conv0003Conv0004Conv0005Conv0007Conv0008Conv0009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

雄太君今季初優勝

4月24日(日)
千葉カントリー梅郷コースで行われた「パナソニックオープンG」アジアチャンピオン戦で雄太君が今季初優勝を飾った。
第3日に調子が出て、最終日は出だしからバーディーラッシュを続けて最終18番でもバーディーを取り(13アンダー)で優勝した。
雄太君は今年から変えたとのこと:髪の毛を伸ばし・ダブダブズボンを細身にして・クラブ(ウッド・アイアンとも)を全く新しく変え・衣類や靴もカラフルに・・・今年で30になって選手会長も譲って・・心機一転。でも歩き方はガニまた歩きだ。
雄太君おめでとう! 今年はがんばれそうだ。

Conv0001Conv0002Conv0003Conv0005Conv0006Conv0009Conv0007Conv0008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

雄太君優勝・久しぶり!

8月30日(日)
今日は朝一にKさん(部外)のノートん設定し、その足で昨日会館で質問されたMさんのPC・Windows10にバージョンアップしたら操作やアプリが分からない・・・を見によって修正設定。

雄太君が久々の優勝。
KBオーガスタ トーナメントで(20アンダー)でダントツ優勝、おめでとう。   
昨年の日本オープン優勝以来の13勝目。
団地内の雄太君の自宅はこのところ住んでいる気配はないので千葉市内のマンションでお母さんと一緒かな。

Conv0001_6Conv0002_5Conv0003_3Conv0004_3Conv0005_2Conv0006_2Conv0007_2Conv0008_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

雄太君日本オープン優勝




10月19日(日)
野田市梅郷コースで行われていた「日本オープンゴルフ」メジャー大会で雄太君が久々の優勝を飾った!!おめでとう雄太君!
昨日の三日目までは絶好調のゴルフを行っていたのに最終日の今日はショットがどうも冴えない.
今日のスタート時・同伴の片山選手とは3打差あったがじりじりと追い詰められたが、12番でチップインバーディーがあって-13まで伸ばした。
ところが16番ショートで奥のバンカーに入れてWボギーを叩きつぃに1打差で最終ホールに入りそのまま逃げ切って日本オープン初「優勝」。
雄太君は一昨年、この団地内の自宅を建て替えたが実際の住居は千葉駅周辺のマンションのようだ。 たまには顔を出してくれ。
Conv0001_2Conv0002_2Conv0003_2Conv0004_2Conv0005_2Conv0006_2Conv0007_2Conv0008_2Conv0009_2Conv0010_2Conv0011_2Conv0012_2Conv0013_2Conv0014_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

USテニス・錦織選手決勝へ

9月7日(日)
全米オープンテニスで錦織選手が順々決勝を勝ち進んでいよいよ決勝戦に臨むための準決勝で「世界順位1位」のセルビアのジョコビッチ選手と戦う・・・というので今までテニス試合は横目でチョイ見だったが、この試合は錦織選手が「負ける相手はいない・・・」と言っていたので非常に興味がわいて、このUSオープン試合を独占放送権を持っている(WOWOW)有料TVは映画専門TVとして契約受信しているので今朝01時から6時間の録画予約して寝た。
朝起きてニュースを聞いたら、ジョコビッチ(世界ランク1位)に勝った・・・とのことで、録画を再生して見た。
試合は約3時間10分、・・ニューヨークの会場の観客も錦織選手の粘りと技術に拍手喝采・・すごい。
決勝戦の相手は2位の「フェデラー」と思っていたらなんとフェデラーも敗れてクロアチアのチリッチ選手となった。
9日のチリッチとの決勝戦がまた楽しみだ。
Conv0001Conv0002Conv0003Conv0004Conv0005Conv0006Conv0007Conv0008Conv0009Conv0010Conv0012Conv0013Conv0011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

雄太君久しぶり優勝

11月3日
「マイナビABCトーナメント」で雄太君・1年ぶりの優勝!!おめでとう。
今シーズンは27歳の最年少で「選手会長」となり、トーナメント運営やスポンサー探しとトーナメント数の減少食い止めのため働いて、自身の成績は落ち込んでいたが、ここでやっと今季初優勝。
17番ホールまでSKホと2打差で来て(楽勝か)と思われたが18番で池ポチャで結果SKホと15アンダーで並びプレーオフとなった。
雄太君の第1打は完ぺきな位置、SKホはバンカーで2打目も出ず、雄太君2オン・・・結果1年ぶりに雄太君優勝。 おめでとう。
たまには団地の新築した自宅に来ているのかな。

Conv0001

Conv0002

Conv0003

Conv0004

Conv0005

Conv0006

Conv0007

Conv0008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

ワールドカップ・ブラジル大会出場

6月5日(水)
昨夜はワールドカップ2014年ブラジル大会出場を決める予選最終戦が埼玉アリーナでオーストラリア対戦で行われて、終了間際にハンドのPK戦で本田選手が決めてかろうじて引き分けに持ち込み、ブラジル行きが決まった。
後半、オーストラリアにゴールを決められて日本側の激しい攻撃にも敵の防御によってゴールできず苦戦だった。
来年6月から始まるブラジル大会はリオデジャネイロがメーン会場で行われる。

Rio_de_janeiro_2
リオの名物、山頂の巨大キリスト像「コルコバド」・リオ湾の入り口にそびえる「パンデアスーカル」  (志賀画伯の絵)

ブラジル国旗には文字が入っている。
(ORDEM E PROGRESSO) 「秩序と進歩」  ポルトガル語

Fl00361_

Conv0001_2

Conv0002

Conv0003

Conv0005_2

Conv0006

Conv0008

Conv0007_2

Conv0004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

雄太君優勝!

10月8日(月・祝日)
昨日・キャノンオープンゴルフで池田雄太君が今季初優勝!オメデトウ
石川遼、手嶋多一と18番まで争ったが最後まで落ち着いて良いショットが出て17アンダーで勝利。
今季はこれまで2位が3週続いていて気をもんだがやっと優勝して、10勝となって26歳で歴代最若手の10勝目とのこと。
賞金争いでは2位に浮上した。
来週は地元で得意の袖ヶ浦「ブリジストントーナメント」があり優勝が期待できる。

Conv0001

Conv0003

Conv0005

Conv0006

Conv0007

Conv0008

Conv0009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧