2015年12月 9日 (水)

金星探査機「あかつき」生き返る

12月9日(水)
日本の「JAXA」が、金星の写真を長期にわたってJAXAに送り金星の謎を解明する目的で2010年5月に打ち上げられ、1年以内に金星の周囲を回る軌道に乗せる予定がメインエンジンの故障でその軌道に入れず太陽を周回することとなった。
それから4年後の一昨日12月7日、姿勢制御用補助エンジンを噴射して目的の金星周回の軌道に乗せる試みを行った。
報道によると、金星軌道に失敗してからJAXA主任研究員の廣瀬史子氏は「あかつき」の軌道についてコンピューター計算を4年間続けて、先日7日の金星最接近時の噴射を決定した・・・とのこと。 この粘り強い努力・あきらめない強さに頭が下がり涙が出るほどだ。
今日JAXAは金星軌道に乗って「成功した」と発表し、送られてきた金星の写真を公開した。 JAXAおめでとう!!  世界中がビックリ。
JAXA会見に同席の廣瀬主任は「昨夜は夫が豆乳鍋を作ってくれました」と笑顔満点で話されたが(豆乳=衛星の軌道投入)の意味とのこと。

数年前7年間行方不明の「はやぶさ」を地球に帰還させたあの感動、その地上に帰還する「はやぶさ」の映像を見て解説するNHKの解説委員記者が泣いていたことを思い出した。
くだらないことが起こる我が国で、間もなく行われるノーベル賞受賞のお二人と今回の「あかつき」の生き返りと、我が国の科学技術はすごい・と感激した。

2

Conv0001_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)