2017年3月22日 (水)

花狩りとシーワールド

3月22日(水)写真をクリックすると拡大する
先日18日に受けた運転免許「高齢者予備講習」認知症検査の成績結果の通知が届いた。 認知症検査の成績は3段階(A・B・C)に分けられて、(A:76点以上)(B:49点以上)(C:49点以下)。
Cは医師の認知症診断が必要となる。
私の成績結果はなんと《96点》!!! AA
次の本講習はこの3段階に分けて受けるとのことで、4月26日と指定されてきた。

今日は天気も良く気温も高いので房総千倉(白間津)の花を観にドライブし、その先の鴨川シーワールドのイルカやベルーガ・シャチのパフォーマンスを観に寄った。 昨年同じころ入ったのでこの慣らされたイルカやシャチたちに逢った。
シャチのスタジアムでは、「客席の7段目ぐらいまで水がかかるので注意して」とアナウンスされて水は海水なのでスマホやカメラは注意するように言われたので今日は9段目に座ったが、シャチは近くにきて見事に飛び跳ねて水を飛ばして、頭から水をかけられた。
カメラは急いで隠したが多少掛かり衣類はびしょ濡れ。 

Conv0001Conv0002Conv0003Conv0004Conv0005Conv0006Conv0007Conv0009Conv0010Conv0012Conv0013Conv0014Conv0015Conv0016Conv0017Conv0018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

鴨川シーワールドのシャチを見に

3月23日(水)
このところ遠出もしないし、毎年2月の房総花見も出かけてないので今日花見がてら「鴨川シーワールド」のシャチのパフォーマンスを見に出かけた。 3月に入ってから、総会議案書の中の言葉の使い方でHさんから異論が出て総会開始に際しても「悶着があり」、終わって数日して(納得しない)旨の手紙が届いて、嫌な気分が残った。長い会社勤めの中にもこの種の「些細にこだわり自己主張を曲げない・嫌な奴」に出会ったことがないのでマイッタので気晴らしも。

前から鴨川シーワールドのイルカとシャチのショーを見たいと思っていたので、気温も高い今日花見もかねて出かけた。
シャチのパフォーマンスはすごかった。
観客に口から水をふきかかたり、わざわざ客席の近くでジャンプして水をかけたり、飼育員さんを口先に乗せて一回り。
(水がかかります)と書かれた6段目の席より後の段に座っていたが、最後に水をかけられてズボンはびしょ濡れ・カメラはビニールをかけていたが多少濡れた。
Conv0002

Conv0003Conv0004Conv0005Conv0006Conv0007Conv0008Conv0009Conv0010Conv0011Conv0012Conv0013_3Conv0014Conv0015Conv0016Conv0017

                                                                                                                   

シャチが終わって、「笑うアシカ」ショーを見てその後、最後の北極白イルカのベルーガのショー。 これは水槽の中で飼育員さんとの仲良しショーで、空気をはいて空気の輪を作って見せたり、目隠しして環をくぐったりして、また飼育員やお客の子供の言葉の物まね発音を上手にして大喝采。

Conv0018_2Conv0019Conv0020Conv0003Conv0001_2





       先ずアシカが皆さんに頭を下げてご挨拶。 最後にアシカが笑っている・・というが正面でないと見えない残念。
4頭のアシカがボールを口に乗せて次々と次のアシカに投げてそれをまた次のアシカが上手に受けて次に投げる・・・落とさずお見事。
次は、ベルーガの珍しい水中ショー。

Conv0022Conv0023_2Conv0024Conv0025Conv0026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

シロハラ・ツグミ

2月8日(月)
昨日は総会準備の「自治会会計と業務の監査」を行った。

メジロ用のリンゴにシロハラが食べに来るようになった。
警戒心が強く、窓越ししか撮れないので写真が鮮明にならない。
スズメもメジロと仲良く食事中。

Conv0001_2

Conv0001_3


Conv0003







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

ウグイスが現れた

12月15日(火)
今日、映画「海難1890」をちはら台のシネマX10に観に行く予定にしていたが朝起きたら熱があって体調悪く延期した。
このストーリーは125年前に起きた実話で、親善使節のトルコの軍艦が和歌山県串本の沖合で遭難座礁して500名近い乗組員が亡くなったが、串本の民間人が命がけで救助に当たり約80人を救助し、国はこの人たちを帰国させて、トルコから大変な感謝を受けた。
トルコではこの「エルトウルル号」海難救助を今もって忘れず毎年トルコ本国から串本の慰霊碑に詣でる行事を行っていて学校の教科書などに載っているのでトルコ人は日本に対して特別な愛着を持っている。 韓国の教育とは真逆だ。
何年か前のイラク戦争の際、テヘラン在住の日本人が日本の航空機が着陸できない中、トルコは旅客機を派遣して自国民の救出を後回しにして日本人の救出脱出を実行した。
この時、トルコ大使とトルコ機機長は「昔の日本人に助けられた恩は忘れません」と表明した。

この時期本来ならメジロがたくさん来るはずが、たまに見る程度だったが今日「ウグイス」が来てミカンを食べていて驚いた。ウグイスは例年1月に現れるので。

今年ももうすぐ終わり2016年が開く。 すると80歳になる。 
「生き死にの大病」をして80まで生きるとは我ながら驚きで、これからどうするか年が明けて考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

メジロ君

2月22日(日)
ウグイスがなかなか撮れないのでメジロ君を超望遠レンズで撮影。

Conv0001


Conv0003


Conv0004


Conv0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

今日のウグイス

2月11日(祝)
今日はウグイスを超望遠レンズ使用で撮ってみたが手持ち撮りでピントの具合がよくない。

Conv0002

Conv0003




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

メジロ現れた

11月4日(火)
昨年・一昨年の記録を見ると「11月3日メジロ来たる」とあるので、昨日からエサ台を置いてミカンを挿しておいたが昨日は現れず、今日の午後2羽のメジロがミカンを食べているのを見つけた。
渡り鳥のメジが時計を持っているのだろうか、自然界の不思議さに驚く。

また4月から我が家の門の付近に現れて水をやっていて、9月末から時々餌を出していた「シャムネコ・のいい猫」が毎日朝と夕方門の前にきて正座してこちらを見ているようになった。
この猫はどこかの飼い猫で、顔を見せに来る以外は自分の家に帰る。
このクロちゃんの片方の耳が切れているのは不妊手術を済ませた証拠とか。

ネコと言えば先日NHK・BSで放映の動物写真家「岩合光昭の世界ネコ歩き」で可愛いのでカメラに撮った5匹の赤ちゃん子猫たち。

(写真をクリックすると拡大する)

Conv0001


Conv0002

Conv0001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

ウグイスとメジロ

2月19日(水)
先日、次期自治会役員さんからパソコンで名刺作成印刷の依頼があり、補助金で購入してあった名刺印刷用紙の残り分200枚を作成して、今日は400枚分の名刺用紙を購入してきた。

今年もウグイスとメジロが毎日餌場に来るがなぜか例年より少ない。
3年前にはウグイスが毎日5羽来ていたが今年は2羽とメジロが2羽。
ウグイスの色具合は実際はくすんだ地味な色だがよく見るととても
綺麗で、その姿は尾をピンと伸ばしてリンとしていて「いいね」。
大きいヒヨドリが来るので、これを追い払うため真鍮棒を5本束ねた
大きめの「風鈴」を近くの樹の枝に取り付けてタコ糸で結び部屋に
引き込んで、ヒヨドリが来たら鳴らす。と直ぐメジやウグが寄ってくる。

Conv0001_3

Conv0002_2

Conv0003_6



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

ウグイスとメジロ

今日はウグイスとメジロが2羽づつ仲良く食べていたので超望遠レンズを付けて多数撮ったが望遠レンズでは手振れが多くてよい写真にならなかった。

Conv0001_2

Conv0002

Conv0001

Conv0003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

メジロ現れる

10月24日
30年ほど育てた「サルスベリ」の樹が大きくなってうっそうとなったので、朝のうちにノコギリで上部から少しづつ切り落として地上1メートルほど残した。
直径25Cmほどになっていて、重い。

そうしたら、メジロ2羽が飛び交うので急いで切り取ったサルスベリの頂部に板を釘付けしてメジロの餌台を作った。
例年メジロは11月初めに現れるが今年はどうしたのかな。

Conv0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)