2016年5月10日 (火)

CT・胃カメラ 検査結果

5月10日(火)
4月21日検査の結果説明を聴きに受診。
(採血)(ダイナミックCT)(胃カメラ)検査の結果はすべてガンの発生はなくOK・との診断をもらった。
予約12時だからと旧棟地下レストランで昼食を済ませてレジで精算中、隣組のSさんが娘さんに車いすを押されて入ってきて「ヤー」とあいさつを交わし、Sさんの診療表を見たら四つの診療科を受けることになったいた。
予約時間を1時間半以上過ぎてからやっと呼ばれて受診、静かな先生で説明もなかなか先に進まない、「気の長い小生」とは全く対照的。
「すべてOK」となり次回11月の予約をもらって出たら、Sさんが来ていた。
本日の外来患者数3,200人・・・と出ていて大混雑、駐車場も簡単には入れなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

検査結果

10月20日(火)
10月6日の内視鏡・CT検査の結果を聞きに受診.
胃カメラとダイナミックCT検査の結果、異状なくいい状態・との診断を頂いて一安心。

今日午後1時から大学病院の近くの青葉の森芸術文化ホールで団地の防犯パトロール隊が千葉県防犯功労表彰を受賞する式典に出席する予定になっていて、病院の診察が遅れて間に合わないので受付に「今日は会議でこのまま帰るが予約日の変更はどうするか」と聞いたら、「すぐ見ます」となり何とか間に合った。

「patrol.docx」をダウンロード クリックして表彰式の内容を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

先日の検査結果

6月2日(火)
5月19日行った(CT検査)(内視鏡検査)の結果について今日受診。
胃管にできた小さいポリープの生体をつまんで検査の結果・「良性でガンの心配はない・・・、CT画像でもガン再発の兆候はない」
との診断で安心。  ただ胆管の出口付近に(胆石)があるので内視鏡手術を考えておいて・・・ガンとは関係ない。
このM医師先生は非常にゆっくりでこちらのテンポと全く話がかみ合わないのでマイッタ。 こんな先生もいるんだ!とせっかちな性格の自分と比較してマイッタ。
先日の国会での安倍総理が「早く質問しろよ!」とヤジッて大問題になっているが、今日の医師との対応で安倍さんの気持ちがわかった。
また半年後に検査が予約された。

いま進行中の「全仏オープンテニス」が面白いので夜遅くまで見てしまう。 生放送は「WOWOW」独占放送なので録画もしているが、このチャンネルは有料受信放送で、映画のために11年前に加入して現在2枚の「有料受信BSカード」を持っているので2台のTVで受信できる。  
全仏オープンをライブで見たい方で希望があれば、有料加入済みのBSカードをお貸しします、これをTVに挿すとこのチャンネルを見ることができます。
今夜も夜中に錦織の第5戦がある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

定期6ケ月精密検査

5月19日(火)
ガンの再発を早期に見つけるための定期検査を今日受けた。
ダイナミックCT・胃カメラ・採血検査を受診、CT検査の血管に造影剤を入れた際の苦しいこと・・・胃カメラは15年間受けていて何ともないがそれでも苦しい。
結果は6月2日診断される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

大雪(ohyuki)でまいった!!

1月28日(月)
今日は10時に大学病院のCT検査の予約日で、朝起きたら大雪で車も道路も10cm近く積もっていてとても動かせそうもないので困った。
今日は病院に電話してあきらめて改めて予約しようとコーヒーなど飲んでいたが、「バスで行ってみいようか」となり大至急支度して、0845の千葉行きにした。
バスはほぼ定刻に来たが、タイアチェーンを付けていないらしく国道に出るまで(ソロリソロリ運転)で、それから国道が全く進まない。千葉駅まで1時間40分かかった。
駅ではバスを待つ人の列がすごいのでタクシーで病院へ、これはスイスイで、なんとCT検査はたくさん待っている人たちをしり目にすぐ済み、先生の受診は予約時間の11時15分に間に合った。
ところが次の予約をコンピューターに入力しようとしても異常が発生。
先生も関係者を呼んで質問したら、今日からコンピューターシステムが新しくなったとのことで、出来るまで1時間待ち。
今日のCTは、胃腸のほかに昨年の検査で「肺に影がありガンの検査」も行ったが、すべてOKとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

連日病院通い

2月16日(木)
昨日は腰痛の診察予約で大学病院の「整形外科」でMRI検査とそれによる診断を受けたが、これという処置は無いようでしばらくは検査を続ける。
今日は昨年10月手術を受けた胃の内部を内視鏡で検査、傷跡はきれいになっていて心配ない・・とのことで一安心。
帰宅したら、前々から発注している「大型緊急捜索マップ」の原板ができたので確認して欲しい・・とのことで明日会社を訪ねるが、地図に入れる文字を決めてFaxで送った。
明日はパソコンクラブ・18日は「いきいき倶楽部」・19日は公園に物置の設置作業立会い。  腰が痛いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

入院日を先送りで叱られた

9月1日(木)
今日は家内の検査で大学病院にお供した際、私の手術入院予定日を10月17日以降にお願いする先生宛の手紙を主任看護婦に渡したところ、家内の検査結果を診断した先生が私の担当医と同じグループで、「ご主人の手術日は9月14日に決まっていて12日に入院の予定です」・・・エ!!  そこでお願いして何とか先に延ばしてもらったが、冷や汗ものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

大学病院の定期診療日

7月27日(火)
10年以上私の「ガン治療主任」として細かく見て頂いたN先生が4月から県立ガンセンター部長で転出、今日初めて他の先生の診療を受けたが、なんと10年前の手術の際(第二外科Aチーム15人)の中に名前が記載されていた夏目先生だった。 他の病院に出向していたが昨年戻った・・・とのことで10年前のAチームの先生方の名前を・お互いに思い出して口に出しながら、「有馬先生・島田先生・岡住先生・舟波先生・夏目先生・外浦先生・ふたりの星野先生・堀部先生・・・落合教授・ 今日夏目先生と10年前の手術の話になり、当時の(Aチーム15人)の話をしたら先生もビックリして、後ろにいた看護婦さん二人もビックリで大笑い。
心臓・肺・肝臓の間の食道(パイプ)を取り出して切除し、胃を丸い管にしてのど元に接続、11時間の手術とその後の6時間の2回目の手術・・・お腹と喉元と脇腹を切開して摘出した。食道の代わりにつないだ胃管は体内に入らず肋骨の外で単に皮膚1枚で胸の最前に収まっている。よく生きているものだ。

夏目先生いわく・・あの時が最高のメンバーだった、「食道ガンの手術は今も最も難しい手術で、今日の検査と診察から貴方は最良の状態です」
この出会いに涙が出た、先生と昔の諸々話し合った。 
今振り返っても、あの当時のメンバーは誰が見ても「最強チーム」だった。
当時の先生方の多くは「教授」で転出とのこと、オメデトウ。
お世話になった先生方に、乾杯! あと何年元気でいられるか。
いろんなことに頭を使い身体も動かして、脳の活性化を図って、あの先生方の大変な努力に身をもって報いたい。 大学病院の標本ではあるが。

Doctor_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

胃カメラの結果を聞きに

4月27日(火)
20日に行った胃カメラと採血検査の結果を聞きに予約外来。
今日も「外来患者数2,510人」の表示。 
胃腸食道外科外来で団地のAさんと逢いご挨拶。

11年前の大手術から私の主治医であった(N先生)が「3月末で大学病院から外の病院に出るよ・・」と告げられていたが今日の外科外来の表示板には先生の名前がなかった。 今日の診療に当った先生はN先生から引き継いでいる・・とのことで若い先生だった。
N先生はどこへ出ましか」の問いに「ガンセンターです」とのこと。
ガンセンターにはN先生の先輩で、私の最初の診断をした島田先生が「外科部長」で出ていたので、その後任部長のようだ。
佐倉の東邦大学病院の外科部長で出た岡住先生はそのまた先輩で学者肌の静かな先生だった・・・あの頃の第二外科Aチームはすごい先生が揃っていて私の手当てに懸命に努力された方々に今も感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

ガン腫瘍マーカー値上がる

3月9日(火)
3月2日定期診療で血液検査をした最終結果を聞きに今朝受診。
主治医N先生が「3月で大学病院から外に出ます、①大学の講義・②病棟患者の手当て・③自分が手術した患者の外来診療(週2日)・・・で疲れていること。  患者数が増加しているのに医者の数が減っている、貴方が手術した10年前は外科チームの医者の数も多くて質も抜群で最高の時だったが、今は弱っている」
「食道ガンの大手術をして10年生存している大変貴重なケースだから医者としても出来るだけ元気で生きていて医学生に対してモデルケースでいてもらいたいので医者の側も努力したい」 との話を聞き・・・
で先日の血液精密検査の結果、「ガン腫瘍マーカー値が少し上がったので来週(CT検査)、来月胃カメラをしましょう・・・となった。

長い間お世話になったN先生も3月末で大学病院を去る。
10年前私の担当チーム15人の上位医師は皆外部病院や大学で教授になっている。
岡住先生は東邦大学・佐倉病院の外科教授・・島田先生は千葉県ガンセンター教授・・などなど、当時の優秀な先生たちのチームワークが懐かしく有難い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧