2015年2月14日 (土)

ジャーナリストの渡航制限問題

2月14日(土)
今日は自治会主催の「認知症にならないために」と題する特養施設の出前講習会があり、自分も間もなく80歳だから周りに迷惑をかけないためにこの問題を真剣に考えようと思った。
が、この前「高齢者運転免許講習」で3時間近いテストの結果(あなたは今の若者の運転感度と適性が同等程度あります)との結果を受けて・・・そうだろう、どうだ・・・と思った。

今夜のテレビの情報番組で、シリアに入ろうとして外務省(国)から特別に「旅券返納命令」を受けて旅券を取り上げられた・・・としてメディアを通して訴えを起こそうと「フリー・カメラマンの杉本さん」の主張が流されていて、賛否両論が流されていた。
旅行行動の自由・言論の自由・取材の自由・・・等の主張は当然だが国が「やめて下さい」と何度も伝えても「個人の責任」と言って危険地帯に入って、囚われて世界中に脅迫の材料となった場合にはその個人の責任ではとても負えない問題だ。  どうしてこのことを理解していないで「自分は世界のジャーナリストだ」というのか不思議だ。
戦争状態の国に入った場合に殺害されてもそれで終わるが、イスラム国」の場合は囚人が金銭取引や国家間取引の材料になっていることが明白なのにそれでも入りたい・旅券取り上げは国の暴挙だ・この主張はなんだろうか、世界の迷惑を考えずに売名か。 このまま入って事件が起きて殺害された場合、「国はどうしてこの人を守れなかったか」と大変な騒ぎになり野党は政権攻撃の材料になる。
何を言ってるのか」バカなはなしだ。

65afe7765f6cf60820f825d3950c097a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

ガソリンの値下げ続く

12月23日(火・祝)
今日は天皇誕生日で祝日。
天皇陛下は81歳を迎えられてお元気だ。

今日、灯油とガソリンを入れに行ったら油類の値下がりが続いているのに驚くほどだ。
ガソリンが一時158円/Lだったものが143になり灯油も1,620円/18Lが今日は79円/L・・・1,420円/18Lと大幅に値下がりしていて、さらに続きそうな気配だ。
先ほど、産油国OPECが値下がりを止めるため減産に踏み込むかと思われたが、サウジアラビアが現状維持を主張して原油は余り気味。
これはアメリカがシェールオイルの産出量を大幅に増やしてサウジに次ぐ第2の原油産出国になったため。
これによってこれまで第2の産出国でアメリカに極端に敵対してきたベネズエラ(チャベス大統領時代にアメリカをののしって反アメリカの旗を掲げていた)が原油輸出額の落ち込みで国家財政が破たんする恐れが出て、同じ反アメリカのキューバがアメリカと仲直りしようとしている・・・時の流れに沿って世界情勢も変わりつつある。
ベネズエラの首都カラカスにも2回訪れたし、キューバの首都ハバナには数回行ったがスペイン風の美しい街並みだった。

今日は暇だったので午後映画「Godfather Ⅲ」のブルーレイDを出して見た。 Ⅲは2時間50分の大作で3部作の最終作。
第一作が1972年(アカデミー賞)・第二作が1974年・この第三作が1990年・・・で同じ俳優を使って作った一家のストーリーなので役者も皆それ相当の歳をとっていて年の経過を見事に出している。
この映画の終わり際で、シシリアの世界的に有名なパレルモオペラハウスで長男が出演する場面のオペラが「カバレリア ルスティカーナ」でこの楽曲は30数年前上司の自宅で聴いて(欲しいと)もらったレコードで非常に懐かしく見た。
この映画の監督(フランシス・フォード・コッポラ)の作品はどれもすごい・・・リドリースコット監督とともに遊びのない迫真の見事な作品ばかりで、ふざけた映画は見ることが出来なくなる。

Conv0004Conv0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

STAP細胞は出来ず

12月18日(木)
今日、理化学研究所はSTAP細胞をめぐる問題で小保方研究員の論文による「STAP細胞再現」検証実験で存在を確認できなかったので実験を打ち切った。
つまり小保方理論は捏造であった・・・と発表された。

(4月9日のブログ)
理研の小保方チームリーダーの記者会見があったので、すべてを見てから夜の各チャンネル報道を見た。どう見ても(情緒的な説明)に終始して「科学的な証明論」は全くないので失望と同時に(STAP細胞作製の証明)はなかったことに、これでは捏造であってダメと分かった。
「作成にはコツがある・レシピも必要」との発言・・料理番組ではないのだ。 
こんな会見よりも、取り違えた写真の真正なものや作成データを公表すべきであって、今日の会見はさらに状況を悪くしたと思う。
小保方さんは「STAP細胞はある」と明言したので、今後理研その他で実験して作成できないことが判明すれば小保方さんの研究者生命は終わる。小保方さんが理研で受けた研究費用数千万円は返還を求められる、税金だから。

(この問題の5月のブログをもう一度見る)

5月8日  STAP騒動のバカらしさ・・科学者ではない小保方さん

理化学研究所が・・「小保方さんの論文が(捏造)(改ざん)であって不正が行われた」とした前回の判定に対して、小保方さんサイドが再審査すべき・との不服申し立てについて、今日理研は正式に「再審査は行わない」として、(小保方さんの論文は不正行為があった)と確定した。理研調査委員会の渡部惇委員長(弁護士)は「改ざんと捏造(ねつぞう)があったのは明らかだ」と強調した。
これに対して小保方さんサイドはまたもや抗議の声明を出している。
我が国で・世界中で・科学者が「全く不正論文だ」と批判しているのに、また今日の理研の説明でも「今回提出されたノートや証拠は全く再現できない幼稚なもので再審査の必要はない」と言っている。
小保方さんサイドもこの辺で抗議を取りやめるべきではないか、バックに誰かがつぃていて抗議しているとしか思えない、弁護士か。
世界中の笑いものだというのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

日航ジャンボ機事故から29年

8月12日(火)
S60年8月12日夕、羽田発大阪行きの日航ジャンボ機が御巣鷹山の峰に墜落して乗客・乗員520名が命を失うという未曽有の大惨事が発生し世界中を驚かせたあの日から今日で29年目。
今夜TV8チャンネルでも特集を組んでいる。
この日が来ると、先輩の河口さんがジャンボ機が落ちてゆく最中に家族にあてて書いた遺書が思い出されてつい手を合わせてしまう。
この遺書は、映画「沈まぬ太陽」や「クライマーズ・ハイ」の中でも読まれて涙を誘っている。

「kawaguchisan.docx」をダウンロード
クリックして開く 遺書の写真コピー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

STAP細胞

6月12日
いよいよ明日から WORLD CUP BRAZIL が始まる。
第一戦の(ブラジル対クロアチア)の主審以下3名の審判団に日本人が選ばれた・とのことで大変な名誉だ、審判もがんばれ!!

昨日から理化学研究所の小保方さんの研究と論文が根底からインチキであったと東大教授や外部研究者によって断定され、理研も小保方さんの所属していて研究機関の解体を決め、関係者の退任処分を発表した。
4月の時点で、この論文はインチキだから早く取り下げたほうがいい・・と書いた私のブログ記事:

4月9日 ブログ記事

理研の小保方チームリーダーの記者会見があったので、すべてを見てから夜の各チャンネル報道を見た。どう見ても(情緒的な説明)に終始して「科学的な証明論」は全くないので失望と同時に(STAP細胞作製の証明)はなかったことに、これでは捏造であってダメと分かった。
「作成にはコツがある・レシピも必要」との発言・・料理番組ではないのだ。 
こんな会見よりも、取り違えた写真の真正なものや作成データを公表すべきであって、今日の会見はさらに状況を悪くしたと思う。
小保方さんは「STAP細胞はある」と明言したので、今後理研その他で実験して作成できないことが判明すれば小保方さんの研究者生命は終わる。小保方さんが理研で受けた研究費用数千万円は返還を求められる、税金だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

STAP騒動の決着か

5月8日(木)
理化学研究所が・・「小保方さんの論文が(捏造)(改ざん)であって不正が行われた」とした前回の判定に対して、小保方さんサイドが再審査すべき・との不服申し立てについて、今日理研は正式に「再審査は行わない」として、(小保方さんの論文は不正行為があった)と確定した。理研調査委員会の渡部惇委員長(弁護士)は「改ざんと捏造(ねつぞう)があったのは明らかだ」と強調した。
これに対して小保方さんサイドはまたもや抗議の声明を出している。
我が国で・世界中で・科学者が「全く不正論文だ」と批判しているのに、また今日の理研の説明でも「今回提出されたノートや証拠は全く再現できない幼稚なもので再審査の必要はない」と言っている。
小保方さんサイドもこの辺で抗議を取りやめるべきではないか、バックに誰かがつぃていて抗議しているとしか思えない、弁護士か。
世界中の笑いものだというのに。

「obokatasan.docx」をダウンロード   クリックして開く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

またも問題大臣の判断

11月5日(月)
4年制大学の新設申請に対して最終段階において田中文科大臣が「見送り却下」したとの報道が流れた。
札幌・秋田・岡崎の短大と専門学校から4大への新設は、学校側は数年前からかなりの費用投資で校舎や先生を準備して、文部科学省と協議推進して大学新設審議会も最終的に(認可すべき)との答申を大臣に提出、大臣としては押印する段階になって「認可しない」と言って退けた。
これには関係者もビックリ、教育関係者や元NHKの手嶋さんなどは「こんな措置は見たことがない、本来なら大臣失格で総理は更迭すべきだ」とも述べている。 大臣は認可を見送るについての各大学について認可しない理由を述べていないし、現地を調べてもいない。
入学を決めている学生たちも多いとのことでどうするのか。
まったくの個人プレーで、この人の頭の中を見てみたい。 問題の多い人だ。
もうすぐ民主党は野に下るからその後に再検討したらいい

Conv0001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

政府と東京都の尖閣問題

9月3日(月)
日中間でもめている尖閣諸島の領有と帰属について政府が突如として価格まで発表して国有化する」と言い出した。
一方、先にこの問題を提起した東京都石原知事は昨日、都として本格的な尖閣諸島の測量と視察をを行ってかなりの成果を収めたようだ。
これに合わせたように政府は「国が20億円で尖閣を購入する」と公表した。
都知事は「国に対して、いずれ国に譲りましょう。ただしいろいろ条件がありますから話し合いに応じてください」と申し入れていたが、何の話もなくいきなり価格まで決めて発表したこの行為は許されない。・・と激怒している。
ニュース番組で見ると、関係者の証言から(政府は東京都に対して何も挨拶なし)とのこと。
そうすると、石原知事に賛同して16億5千万円を寄付した方々の意向を国はどう考えているのか。 またこの寄付金額に見合う額を政府が購入額として公表したとも見える。
結局、民主党政権は問題解決の手法が理解できない集団で、これでは外国との諸問題をうまく解決する能力などまったくないことを露呈している。 早く解散して下野して田舎に帰るがいい。国民の選択が間違ったことはすべての状況ではっきりしている。

庭のカボスの実の付きが今年はよくないが大分大きくなってきた。

Conv0002

今、別なニュースに尖閣の地権者側が出て「政府の言う20億などまったく根も葉もない話だ。政府は勝手な話を作って信頼を裏切っている」と言明している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

ジャンボ機事故から27年

8月12日(日)

今日はCINEクラブ例会で 現在オリンピック開催中のロンドンでエリザベス女王とダイアナ事故をドキュメンタリーで描いた「QUEEN」を上映、英国女王・ブレア首相・英国民・の思惑の相違と結膜を描く素晴らしい映画。
CINEクラブを初めて4年目に入り、参加者が極端に少なくなってきたので、この辺でこれからの方針を考える時期のようだ。

今日12日は日航ジャンボ機が御巣鷹山に落ちて27年忌、27年前高校野球の放送を見ていたらジャンボ機墜落のニュースが入り驚いてみていたが、後刻乗客の遺書が報道されて、一番に会社の神戸支店長・河口さんの家族に宛てた走り書きの遺書が報道されて涙。
彼は本社の支店長会議を終えて自宅の神戸に帰る便だった。
他の関西の支店長は赤坂・新橋で一杯やっていたが河口さんはまっすぐ帰宅の途について惨禍にあった。  その遺書

「mr.kawaguchi.doc」をダウンロード  クリックして見てください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

原子力発電の全面停止

5月4日(金)
報道によると明日5日には北海道電力「泊原発」が定期検査のため運転を停止するとのことで、これにより日本の50基すべての原子力発電が停止する。
現状では停止したすべての原発が再稼働は不可能だ。
今夜のTVニュースを見ていたら、大阪市の電力問題審議会の面々が関西電力の役員他責任者を呼んで質問していたが、「犯罪人を前にした質の悪い検事たちの尋問」に見えて、これは世間に対する大阪市の宣伝だと思った。
大飯原発が停止して関西の電力不足は今夏は大変な事態になりそうだ。
電力が突然停止した場合を想像すると、病院や生産工場などは地獄に落ちる。

福島の例から考えると原発は廃止すべきだが、突然の再稼働禁止ではなく、今まで安全に動いていた原発の最低限が稼働して数年の間にガス火力発電などを順次整えて、電力供給量バランスを見ながら原発を停止したらいいと思う。
大阪市の顧問に入った元経産省を退職させられたK氏の発言は「悪代官」そのものに見えた。
大阪市側は「関電は何も策が無いのか」と詰め寄るが、電力会社は公共事業とはいえ企業であるから通常では多くの余分な発電機を稼働していないはずで、大飯原発は(通常の発電機)に組み込まれていたからこれが停止して大問題になったのだ。 K氏は自己を売り込む主張でしかない。

原発完全廃止を決めたドイツでも現在は7基の原発が稼働していて、年限を決めて順次停止する・・・とのことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)