« 庭のクリスマスローズ | トップページ | 渋沢栄一」について昔の記事 »

2019年3月31日 (日)

激しい血便・下血で入院処置

3月31日(日)
先日・24日(日)午後、新年度役員さんに会館のパソコンのレッスンをして帰宅してトイレに入ったところ激しい下血があってビックリ仰天して、しばらくしてまたトイレに入ったら前以上にひどい下血で動転、すぐ救急車を呼んだ。
到着した救急隊員に聞いたところ「激しい下血は危険だからすぐ検査が必要」で千葉メディカルセンターに入院。17時半ごろ。
病院の救急科で検査を行い、翌25日に大腸内視鏡検査・処置が決まる。 出血が多かったので貧血気味でふらつくようだ。
25日朝から(腸内洗浄液2L)を飲みながら排便、下血が激しい。その後(輸血約600CC)実施、その後腸内洗浄を行いながら大腸内視鏡検査を実施。  血液は大腸の下方のみで上にはない・・「がん」や腸の傷穴など認められない・・「大腸下方の粘膜が傷つき、血液サラサラ薬服用によって出血が止まらなかったと思われる」・・となった。 よかった!!
腸内処置によりその後出血は止まったので安静にしてオカユのみで2日経過観察。27日点滴が外されて五分ガユになった。
28日から(血液サラサラ薬)の服用を始めて出血の有無を検査。 毎日、採血で血液の状態を検査、貧血は治ったとのこと。
29日・1日観察の結果ほぼ回復しているので「家庭の事情もあるので明日退院です」となった
30日(土)午前・いろんな担当者から注意を受けて退院し無事帰宅。
先生方の注意に従ってしばらくは安静に過ごすよう心掛ける。 マイッタ!!

 

|

« 庭のクリスマスローズ | トップページ | 渋沢栄一」について昔の記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭のクリスマスローズ | トップページ | 渋沢栄一」について昔の記事 »