« パソコンクラブの暑気祓い | トップページ | 志賀君の今年の大作 »

2018年9月10日 (月)

全米オープン・大坂なおみ優勝

9月10日(月)
全米オープンテニス・女子決勝戦で大坂なおみ選手が(憧れのセレナウイリアムス)を下して日本人として初めてグランドスラム勝利を果たした。

8日寝る前に、全米オープンテニス女子決勝戦に大坂なおみ選手が憧れのセレナウイリアムス(全米6回優勝)と戦うLIVE放送WOWOWで朝5時からあるので録画予約して寝た。
朝ニュースで「大阪選手が優勝した」とのことで録画を見て驚いた。
こんな試合は見たことがない。
セレナが途中、審判の裁決に猛烈に抗議して動かない。
その後の試合中も・また最後まで抗議して大騒ぎ。
結局なおみが優勝したが、すごい試合だった。
セレナの抗議理由は、①自分がミスしてラケットをぶちつけて壊した=「注意」 ②彼女のコーチが客席から指導の指示を出した=この2点で1ポイント大坂に ③これらに抗議して主審を罵倒した=1ゲーム減点・・・これにより大阪選手に有利ポイントが加算された。

客席の26000人の観客は大方がセレナファンで、猛烈な「ブーイング」の中、大坂選手は冷静にプレーして勝利した。
表彰台で大坂選手が「大方がセレナを応援していたことは知っていたが、こんな結果で優勝したことを許してください・・・」と発言して満場が静まり、やがて拍手の嵐になった。 中には涙を流していた。

米メディアは9日、対戦相手のセリーナ・ウィリアムズ選手の主審に対する抗議や、それを甘受した観客や大会関係者を酷評し「全米テニスが大坂選手にしたことは恥ずべきことだ」などと批判する記事を一斉に掲載した。

 9日付の大衆紙ニューヨーク・ポストは作家モーリーン・キャラハン氏の論評を掲載。表彰式で観客が大坂選手にブーイングし、全米テニス協会の会長が「私たちが求めた結末ではなかった」「セリーナは王者の中の王者」と述べるなど、勝者を侮辱するような対応をしたと指摘した。
ウィリアムズ選手も大坂選手をきちんとたたえなかったなどとし「これほどスポーツマンシップに反する出来事は記憶にない」とこき下ろした。
一方で「キャリアが始まったばかりの若い大坂選手は、コートの内外で闘志や決意、成熟ぶりを示した」と称賛した。

この2時間以上に及ぶ試合の録画を(ブルーレイディスク)にダビングした。
Conv0001_4Conv0002_2Conv0003_2Conv0005_2Conv0006_2


Conv0007_5Conv0008_6Conv0009_5Conv0010_4Conv0011_4

|

« パソコンクラブの暑気祓い | トップページ | 志賀君の今年の大作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128555/67151920

この記事へのトラックバック一覧です: 全米オープン・大坂なおみ優勝:

« パソコンクラブの暑気祓い | トップページ | 志賀君の今年の大作 »