« 写真のバックアップ | トップページ | 「殯の森」を見た »

2007年5月29日 (火)

映画 「殯の森」 もがり

5月29日(火)
スーパーの店頭には和歌山産の青梅が出始めて、「梅酒」作りの材料などConv0001_129も一緒に並んでいるが、「梅干用」の完熟梅は6月中旬頃から出始める。 今年・我が家の梅2本とも不作年で少ないので2本で5Kg程度か。昨年は熟して16Kg獲れ、南高梅5Kgとで18Kg漬けた。   今年の梅干しは、「南高梅」を5Kg買って合わせて10Kg程度となりそうだ。

昨日のニュースで、カンヌ映画祭で日本から参加した女性監督“河瀬直美”さんの「殯の森」が、第2席のグランプリを受賞したと・・・喜びを伝えていたので映画好きの小生としては「見たいな」と思ったが、カンヌ祭の映画は好みのジャンルと違うのでどんなものか。
今日の新聞を見ると、今夜NHKハイビジョンCh.で(HV 5.1サラウンド)で放映する・とのことで、ハイビジョン・テープとDVDとの両方の録画予約をした。  殯=「もがり」とは、71歳にして初めて見聞するので意味が分からず・「大辞林」を引いて調べた。 この字を見て意味を知っている人がいるのだろうか、不思議な若者がいるものと感心させられる。
「殯」とは「あらき」の同義語で、
① (貴人が死んでから本葬するまでの間)
② (遺体を仮に収めておくこと)  
③ (その場所)
今夜、映画を見てその題の意味するところを探ってみよう。
明日30日は、71歳の誕生日。この身体でよくここまで来たね。

|

« 写真のバックアップ | トップページ | 「殯の森」を見た »

コメント

Selamat pagi.(おはようございます)
Selamat Ulang Tahun!(お誕生日おめでとうございます) 
Apa kabar? (ご機嫌如何ですか?)
Saya,Baik-baik saja.(私は、お陰さまで元気です)
永らくご無沙汰し失礼しました。
若輩ブログの久しぶり更新に即刻メールを頂戴し恐縮しています。
ohyukiブログの多岐・闊達な更新には適いませんが、1年遅れで追いかけている若輩も忘れられない程度には情報発信しなければと悔い改めています。
「殯」ウゥーン?喪あがり? お好み違い映画の鑑賞感は如何でしたか? 旺盛な知識欲には敬服しています。 今年も梅干の季節となりましたが、暑いさなかですので疲れが残らないようノンビリと仕込んで下さい。

投稿: 若輩 at Jakarta | 2007年5月30日 (水) 11時32分

ジャカルタの、Mr.若輩さん
久し振りの「情報コメント」THANKS.
インドネシア語(マレー語?)は1年滞在中は随分使えたが今は五つぐらい分かる程度、スラマット・使うよね。
今年も美味しい梅干しを作っておくから寄ってください。
先日、君津からKuraさんの奥さんが来てくれたよ。Kuraさん本人は体調があまり良くないようです。
南半球で(本当はJyakartaはほとんど赤道直下か)元気に過ごして下さい。

投稿: ohyuki | 2007年5月30日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「殯の森」 もがり:

« 写真のバックアップ | トップページ | 「殯の森」を見た »